2011年09月15日

人と人とのつながりで防災力アップ

  今年も大変な猛暑となった7月、8月。東日本大震災や計画停電等の影響もあり、夏休みの過ごし方にも、様々な変化があったのではないでしょうか。
 議員として初めての夏は、基地対策特別委員会による普天間基地の視察から始まり、経済・港湾委員会による福岡市・大阪市での港湾視察、名古屋で開催された公明党の五大市政策研究会(都市型大震災における被害者支援対策を協議)、さらには公明党横浜市会議員団による香川県での食育の取り組みの視察等々に行かせて頂きました。
 また、区内各地で行われました夏祭りをはじめとした様々な地域行事にも参加をさせて頂きましたが、地域の皆様が一丸となって、取り組んでおられる姿に改めて感動しました。
 私自身も地元町内会の盆踊りでのお手伝いを通し、地元の方々との交流を深めさせて頂きました。

横浜防災ライセンス

 3月11日以降、防災への意識が高まる中、7月には防災士の資格を取ることができ、それに続きまして地域防災拠点での具体的な活動を学ぶために、8月21日に横浜市が推進をしております「横浜防災ライセンス−資機材取扱リーダー講習会」へ参加を致しました。これは年1回、行政区ごとに開催され、地域防災拠点に備えてある…
【1】生活資機材(避難生活に必要な資機材〜移動式炊飯器・仮設トイレ・災害用地下給水タンク応急給水栓)
【2】 、救助資機材(救助・救護に必要な資機材〜エンジンカッター・レスキュージャッキ・発電機・投光機)の取り扱い方法を学び、その知識や技術を地元の防災活動に活かしていくための講習会となっています。
  この講習会の指導員の皆様は一般市民の方で、事前準備も含め、遠方より駆けつけて丁寧に教えて下さる姿に、本当に感動致しました。

  防災・減災活動には、共助の視点が大事であることは、今日までの様々な自然災害等を通して実感されているかと思います。
  だからこそ自分の住む地域における「人と人とのつながり」を大切にすることが、地域の防災力アップにつながるものと確信しております。
  防災に関することのほか、地域の諸問題やお困りごとなど、お気軽に声をお寄せください。

Copyright (C)2017 futoshi ozaki All Rights Reserved.