課題ある踏切
2019年5月20日

鶴見区内には、鉄道路線が多く乗り入れている事から、渡るのに時間のかかる長い踏切が複数現存しています。
これまでも人命にかかわる痛ましい踏切事故が何件も発生しており、その度に踏切の安全対策を要望しています。
先日は古市場踏切で「踏切事故防止 啓発活動」が行われました。

財源や技術的な課題はあるものの、早期の抜本的な安全対策が必要です。

Copyright (C)2019 futoshi ozaki All Rights Reserved.