令和3年第4回定例会において、議案関連質疑を行いました。
2021年12月7日
 尾崎太が、公明党横浜市会を代表して、市第55号議案、市第74号議案からの指定管理者関連議案、市第96号議案、及び市第98号議案に関連し、山中市長および鯉渕教育長に質問いたしました。

  1. 市第 55 号議案 横浜市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の一部改正
    ・条例改正の意義及びメリットについての見解

  2. 市第 74 号議案から市第 93 号議案までの指定管理者の指定議案 20件
    ・選定に当たり多くの事業者が参入できるよう考えていくべきとの考えに対する見解
    ・今後とも制度運用の考え方を大きく変更しようとする際には市会に報告すべきとの考えに対する見解

  3. 市第 96 号議案 東部方面斎場(仮称)新築工事(火葬炉築造工事)請負契約の締結
    ・東部方面斎場整備の今後の課題についての見解

  4. 市第 98 号議案 令和3年度横浜市一般会計補正予算(第7号)
     ・新型コロナウイルスワクチン接種事業
       ・予約の集中を緩和するための工夫
       ・インターネットを利用できない高齢者等への予約支援
       ・3回目接種に当たり個別接種を円滑に実施するための方策
       ・3回目接種の集団接種会場の設置の考え方
    ・自宅療養者見守り支援事業
       ・第6波に向けた自宅療養者見守り支援の取組について市民に周知すべきとの考えに対する見解
    ・保健所体制の強化
       ・感染者が急増した第5波における保健所の状況
       ・第5波を踏まえどのような保健所体制とするのか
    ・地域公共交通事業者支援事業
       ・地域公共交通事業者支援事業の狙い
       ・タクシー事業者を対象として支援する理由
    ・修学旅行等支援事業
       ・修学旅行を実施直前にやむを得ず中止した場合を含めて幅広く公費負担の対象とすべきとの考えに対する見解


詳しくはこちら

動画はこちら     <横浜市会ホームページ>

 
Copyright (C)2021 futoshi ozaki All Rights Reserved.