新型コロナ感染症から暮らしと経済を守る支援策
●横浜市では4回目接種も開始しています。
接種できる条件がありますので、お手元に接種券が届きましたら、内容をご確認ください。今回の対象にならない方も今後接種対象になる可能性がありますので、接種券は必ずお手元に保管しておいてください。

●ワクチン接種の予約は、空きがあれば当日予約も可能です。
 接種券に同封されているご案内のほか、横浜市ワクチンサイト新型コロナウイルスワクチン接種について(特設ページ)で最新の状況をご確認ください。

●横浜市 新型コロナウイルス感染症に関する情報について
 https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/koho/topics/covid-19/

●横浜市 新型コロナウィルスワクチンに関して
 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/

●横浜市新型コロナウイルス相談窓口「ワクチン接種コールセンター」
 受付電話番号  0120-045-070
 9:00-19:00  毎日実施
 8か国語に対応(日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語、スペイン語、ポルトガル語)
 耳の不自由な方のお問合せ用FAX番号  FAX 050-3588-7191

●横浜市新型コロナウィルス「感染症コールセンター」
 受付電話番号  045-550-5530  (24時間対応・土日、祝日も含む)
 耳の不自由な方のお問合せ用FAX番号  FAX 045-846-0500

●コロナウイルスに関連する法律問題
 [横浜市]  受付電話番号  045-671-2306  *平日 8:45-17:15
 [神奈川県弁護士会]  http://www.kanaben.or.jp
 [日本弁護士連合会]  https://www.nichibenren.or.jp

●新型コロナウィルス関連の詐欺にご注意!
 ワクチンは公費を使い無料で接種が受けられます。お金を要求する、個人情報を聞き出すものは全て詐欺です!留守番機能のついた電話機などを活用しましょう。

●2回目の特別定額給付金を装った不審メールにご注意!
 総務省を騙った、2回目の特別定額給付金を装った不審メールが報告されています。決してリンクをアクセスせずに、当該詐欺メールを削除してください!  総務省 特別定額給付金サイトにも注意喚起がされています。

2022/06/24
活動報告を更新しました
2022/06/23
活動報告を更新しました
2022/06/22
活動報告を更新しました
2022/06/21
活動報告を更新しました
2022/06/20
活動報告を更新しました
2022/06/18
活動報告を更新しました
2022/06/17
活動報告を更新しました
2022/06/16
活動報告を更新しました
2022/06/15
活動報告を更新しました
2022/06/14
活動報告を更新しました
2022/06/13
活動報告を更新しました
2022/06/11
活動報告を更新しました
2022/06/10
活動報告を更新しました
2022/06/09
活動報告を更新しました

軽減税率
2022年6月24日
2019年10月からの消費税アップ(8%から10%)に合わせて、公明党の主張で導入された軽減税率に関する経済評論家の [...]

この続きを読む ≫
令和4年度予算特別委員会において質疑を行いました
2022年3月4日
予算第一特別委員会(国際局関係)において登壇し、質疑を行いました。

この続きはこちら ≫
令和4年度予算特別委員会において質疑を行いました
2022年2月24日
予算第一特別委員会(医療局・医療局病院経営本部関係)において登壇し、質疑を行いました。

この続きはこちら ≫
2022年5月26日
生麦駅にホームドア設置へ
 5月13日に開会した令和4年第2回定例会では役員改正が行われ、今年度の常任委員会は「政策・総務・財政委員会」に、特別委員会は「デジタル化推進特別委員会」の所属となりました。
 あわせて市会運営委員会にも携わりますが、市民に伝わるわかりやすい議論を通じ[...]

小さな声を契機に
 今から4年前の2018年3月3日、JR鶴見駅の京浜東北線ホームに、JR東日本として神奈川県内初となるホームドアが設置されました。ひとりの盲目の女子中学生からの小さな声をきっかけに現地調査や[...]

鉄道駅の安全確保
 そのような中、地域の方々から「生麦駅」の安全対策についてご相談をいただきました。
 すぐに現地調査や関係者からのヒアリング等を行い、本年3月3日には横浜市都市整備局とともに、京急電鉄の本社を訪問。様々な意見交換を重ねる中で、改めてホームからの転落や列車との接触を防止するためのホームドア設置を要望[...]
アフリカ開発会議のイベントの一つであるJICAの学生プロジェクトで披露されました「Pearl of Africa」
 ウガンダの子供達と日本のミュージシャンであるカズンとのコラボで作られた素晴らしい内容となっています。
 皆様にも、ぜひこの感動を味わって頂ければと思います。一人の青年海外協力隊の”根性と忍耐”に、深く学ばせて頂きました。

「Pearl of Africa」

「ここから世界を変えていく」

Copyright (C)2022 futoshi ozaki All Rights Reserved.