2017/11/20
活動報告を更新しました
2017/11/17
活動報告を更新しました
2017/11/15
活動報告を更新しました
2017/11/13
活動報告を更新しました
2017/11/10
活動報告を更新しました
2017/11/09
活動報告を更新しました
2017/11/06
活動報告を更新しました
2017/11/05
活動報告を更新しました
2017/11/03
活動報告を更新しました
2017/11/02
活動報告を更新しました
2017/11/01
活動報告を更新しました
2017/10/30
活動報告を更新しました
2017/10/28
活動報告を更新しました
2017/10/27
活動報告を更新しました

一意専心
2017年11月19日
プロ野球の世界では、シーズン終了後も厳しい生き残り競争が続いています。
母校出身者の中にも、残念ながら選手生活にピリオドをうつ選手もいます。
これまでの奮闘と新たな挑戦に心からのエールを送るとともに、残った選手の今後の大活躍に期待しています。

平成29年度予算特別委員会において質疑を行いました
2017年3月22日
予算第一・予算第二特別委員会連合審査会で25項目に関して、質疑いたしました。

この続きはこちら ≫
平成27年度決算特別委員会において質疑を行いました (文化観光局関係)
2016年10月7日
 決算特別委員会で文化観光局関係7項目に関して、質疑いたしました。

この続きはこちら ≫
2017年10月26日
救急相談センターの充実を
 平成29年第3回定例会は、10月20日に閉会となりました。
 今回の定例会では一般議案のほかに、平成28年度横浜市決算についての審査(決算特別委員会)も行われ、医療局と港湾局を担当致しました。
 市では、急な病気やけがの時、病院に受診すべきか、救急車を呼ぶべきか、判断を迷った場合の相談先として、平成28年1月から横浜市救急相談センター「#7119」を開設し、昨年6月からは24時間365日対応を行っています。
 市民への周知も着実に進んでおり、年間の利用数は、医療機関案内が16万2839件、救急電話相談が13万7670件で、合わせて約30万件に上ります。
 救急車利用をためらっている潜在的な救急患者の119番への転送や、症状が重症化する前に医療機関への受診を促すなど、市民の安心感につながっています。
 今後の「#7119」のさらなる充実を目指し、従事スペースの確保のため、移転を含めた抜本的な狭あい化への対策や、サービス圏域の拡大に向け、事業のあり方や各自治体の費用負担割合の調整などを要望致しました。

CIQ施設の整備
 現在、地元鶴見区の大黒ふ頭では、ベイブリッジを通過できない超大型客船を受け入れるためのCIQ(税関、出入国管理、検疫)施設の整備が30年度末の完成予定で進んでいます。
 このCIQ施設は、3千人を超える超大型客船の乗船客の利便性や安全性を確保し、円滑な受入れの促進が目的で[...]
アフリカ開発会議のイベントの一つであるJICAの学生プロジェクトで披露されました「Pearl of Africa」
Pearl of Africa

 ウガンダの子供達と日本のミュージシャンであるカズンとのコラボで作られた素晴らしい内容となっています。
 皆様にも、ぜひこの感動を味わって頂ければと思います。一人の青年海外協力隊の”根性と忍耐”に、深く学ばせて頂きました。

「Pearl of Africa」

「ここから世界を変えていく」

Copyright (C)2017 futoshi ozaki All Rights Reserved.