薬物乱用防止
2021年10月14日

横浜市では薬物乱用防止の啓発のため、パンフレットを作成し、市立中学校の生徒(2年生)を中心に配布・活用をしています。
横浜市薬剤師会の先生方にも、薬物乱用防止セミナーなどを通して、児童・生徒への啓発を行なって頂いています。
最近では、薬物使用の低年齢化などが指摘されており、これまで以上に健康福祉局と教育委員会の連携を強化することで、実効性ある対応が求められます。

Copyright (C)2021 futoshi ozaki All Rights Reserved.