明るい選挙推進協議会
2018年11月21日

鶴見区では、政治・選挙に関心をもってもらうきっかけづくりの一つとして、区内市立小中学生を対象に標語コンクールを実施しています。 本年も233点の応募を頂き、17点の入賞・入選作品が決定しました。
残念ながら鶴見区の投票率は横浜市の中でも最下位レベルとなっています。
未来ある子供達の期待に応えられる様な選挙にするため、政治家の責任は重大です。

Copyright (C)2020 futoshi ozaki All Rights Reserved.