鶴見区民会議
2014年11月13日

今日は鶴見公会堂で、平成26年度鶴見区民会議が開催されました。
毎年、地域の課題等について、分科会を通し、区民の方々に協議頂く場となっています。
今回は講演会に続き、3つの分科会(振り込め詐欺・自転車泥棒・通学路の安全)での協議内容が発表されました。

特に振り込め詐欺の被害は、鶴見区だけでも、本年になって約50余名から2億円以上の被害が出ているとのことで、改めて被害の大きさに驚いています。
被害情報を早期に共有化することや、電話をナンバーディスプレイ式にしたり、留守電機能を活用するなどの提案がありました。

高齢者の大切なお金を狙う詐欺に対して、未然に防いでいくための地域連携がカギになると考えます。

Copyright (C)2020 futoshi ozaki All Rights Reserved.