南相馬市
2014年4月16日

3年前の統一地方選挙が終わり、直後に救援物資を持って、一番最初に駆け付けさせて頂いた被災地が、南相馬市でした。
街の様子はその時と比べ、様々な面で変化はあるものの、1088名の方々がお亡くなりになり(うち震災関連死も約452名)、市内もいまだに居住地域の区域分けが実施されており、人口も震災前に比べ減少し、小中学校も約6割ぐらいの児童数になっているとのことで、復興への道のりもまだまだ厳しい状況です。
地震、津波、原発の3重の被害を受けたエリアですが、風評と風化という大きな課題克服も含め、引き続き、長い長い地道な戦いが続くことを感じた次第です。何が私達に出来るのか、継続的に考えて行かねばと思います。

Copyright (C)2020 futoshi ozaki All Rights Reserved.