復興庁福島復興局
2014年4月16日

福島県視察の最後の訪問先である福島復興局を訪問しています。

この福島復興局には、浜田まさよし参議院議員が常駐体制で、被災地復興に向けて陣頭指揮を取っておられます。
福島県では約13.5万人の方々が避難生活をされておりますが、そのうち約10.2万人は原子力事故による影響のため、避難指示区域等からの避難者数となっています。
復興対策は非常に幅の広いものとなっていますが、生活環境の整備・再生、産業振興・雇用の確保、農林水産業の再開など、着実に進められていることが分かりました。

風評と風化という2つの風との戦いであることが、改めて強調されておりました。

Copyright (C)2020 futoshi ozaki All Rights Reserved.