科学的根拠
2020年6月13日

日本の新型コロナウイルス感染症対策については、可能な限り普通の生活を維持しながら感染拡大を抑え込んだことが、世界から評価されています。
横浜市会でも検査を増やすことに固執する主張がありましたが、検査を増やせば感染制御できるものではないことを専門家が指摘しています。また国の専門家会議が出した対策について、専門でない人達がテレビ番組などで自由に見解を述べ、国民に混乱を与えている現状にも懸念が示されました。
これからも科学的根拠に基づき、不要不急の外出、3密を避ける行動、手洗いと言った衛生行動の徹底など、個人が自覚を持った生活をしていくことが大切です。

Copyright (C)2020 futoshi ozaki All Rights Reserved.